WordPressサイトを別のサーバーに無料で丸ごと移行する手順

wordpress
  • URLをコピーしました!
生徒

WordPressを別のサーバーに移行したいです

先生

無料プラグインでWordPressを簡単に移行できる方法を説明します

目次

WordPressを別のサーバーに移行

WEBサイト稼働後のサーバーの移行は、手間やリスクを考えるとなるだけ避けたいですが、

  • より安いレンタルサーバーやVPSサービスに移行したい
  • 高スペックのサーバーに移行したい

などの理由で、WordPressのサイトを別のサーバーに移行したい状況が出てきます。

この記事では、比較的簡単にWordPressのサイトを丸ごと移行できる無料のプラグインDuplicatorを使用する移行手順を説明します。

もっと簡単にWordPressサイトを丸ごと移行できるプラグインもありますが、有料ライセンスのものがほとんどです。

Duplicatorがおすすめの理由
  • 無料プラグインである
  • 簡単に移行することができる

Duplicatorも有料版だとより高機能ですが、無料版でも比較的簡単な操作で移行することができるのでおすすめです。

Duplicator プラグインのインストール

WordPressの管理メニュー「プラグイン」ー「新規追加」を選択してキーワード欄にDuplicatorと入力して検索結果のDuplicator 今すぐインストールをクリックします。

インストールが完了したら「Activate」(有効化)をクリックします。

インストールが完了すると管理メニューに「Duplicator」のメニューが追加されていますので選択して 新規作成をクリックします。

これから行うバックアップの内容を設定する作成画面が表示されます。

「ストレージ」はバックアップデータの保存先です。無料版ではローカルしか指定できません。

「アーカイブ」はバックアップに含めたり除外したりする内容の設定です。通常は特に変更の必要はありません。

「インストーラー」も無料版では設定できることはないのでそのままでをクリックします。

バックアップする内容がスキャンされて問題の有無が表示されます。一番下にあるチェックを入れて「ビルド」をクリックするとバックアップが開始します。

サイトの内容によっては結構時間が掛かります。

バックアップが完了すると以下の2つのファイルが作成されます。「Download Both Files」ボタンを押して両方のファイルをダウンロードします。

ファイルファイル名説明
インストーラーinstaller.php移行先のサーバーで実行するPHPファイル
アーカイブ*_archive.zipバックアップデータを圧縮したzipファイル
(*は日付の数字とランダムな文字列)

移行先サーバーでの作業

ファイルをアップロード

移行先のサーバーにFTPでファイルをアップロードします。ファイルの置き場所はブラウザからアクセスできる場所ならどこでも構わないですが、ブラウザから開く時に分かりやすいように、WEBサイトのルートディレクトリに配置します。Lightsailの場合だと、/opt/bitnami/wordpressディレクトリになります。

次に、配置したinstaller.phpをWEBサイト上で実行できるようにします。

SSHでログインしてターミナルを開きます。

アップロードしたinstaller.phpがWEBサーバーから実行できるようにファイルの所有者を変更するため、以下のようなコマンドを実行します。

 sudo chown {所有者}/{グループ} /opt/bitnami/wordpress/installer.php

{所有者}と{グループ}は、FTP接続でファイルを置いた場所の他のPHPファイルと同じにします。例えば、Lightsailの場合元からあるindex.phpの所有者がbitnami、グループがdaemonとなっています。

installer.phpも同じにするためのコマンドは以下になります。


 sudo chown bitnami:daemon /opt/bitnami/wordpress/installer.php

インストーラーを実行する

ブラウザでinstaller.phpにアクセスしてインストーラーを実行します。

インストーラーの画面が表示されれば成功です。

「ページが見つかりませんでした。」などインストーラーの画面が表示されない場合は、ファイルの置き場所とブラウザのURLが一致しているか、ファイルの所有者がWEBサーバーからPHPファイルを実行できる設定になっているかなどを確認してください。

バックアップファイル名を入力して「Submit」をクリックします。

以下の画面が表示された場合、バックアップデータファイルが見つからないと言われているので、バックアップデータのファイルがinstall.phpと同じディレクトリにアップされているか確認します。

インストールファイルが実行されると、最初に現在の環境の要件チェックが行われます。 failがあるとリストアできない環境と判定されて進めることができません。以下の画面ではWordPressの設定ファイル(wp-config.php)を編集できないたに失敗しています。

この場合、wp-config.phpファイルの権限設定を変更する必要があります。サーバーにSSHで接続して、以下のコマンドを実行します。

sudo chmod 666 {WordPressのルートディレクトリ}/wp-config.php

上のコマンド実行前の設定を覚えておいて、移行完了後に元の設定に戻した方がよいです。

Failの項目が無くなったら次に進めますので一番下にある2つのチェックを入れて「Next」をクリックします。

データベースの接続情報が表示されます。wp-config.phpから取得した値が自動でセットされていますので、そのまま「Test Database」をクリックします。

Lightsailでエラーが出た場合

Lightsailのインスタンスの場合Chack Collation Capability failとなり次に進むことができません。

エラーメッセージに沿って、以下の内容を変えた上で再度「Test Database」をクリックしてください。

Lagacyチェックを入れる。
Callationutf8mb4_unicodeと入力する。

確認メッセージが表示されるので「OK」をクリックします。

移行後のサーバーに合わせて値を編集する画面が表示されます。自動で入力される初期値で基本的は問題ありませんが、必要があれば編集して「Next」をクリックします。

URLの値が間違っていると移行後のサイトで画像が表示されないなど問題が出ますので合っているか必ず確認してください。

アーカイブのサイズによっては結構時間が掛かりますが、以下の画面になったら移行完了です。「Admin Login」をクリックして管理画面からログインすることで、移行に使用したインストーラーとアーカイブのファイルが自動で削除されます。

移行後の管理画面でのログイン情報は、移行前のサーバーと同じになります。

以上で移行作業は全て完了です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次