【できること】STUDIOの特徴やメリットと使いどころ【できないこと】

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
生徒

ノーコードツールのSTUDIOはどんな感じですか?

先生

STUDIOの特徴やメリット、デメリットに付いて説明します

この記事でわかること
  • ノーコードのWEB制作ツールSTUDIOについて
  • STUDIOの特徴やメリット、使いどころなど
目次

STUDIOの特徴

STUDIOはWEBサイト制作のノーコードツールで以下の特徴があります。

  • すべてブラウザ上で動作する
  • 画面デザインはデザインエディタで行い、HTMLやCSSは一切書かなくてもサイトが作成できる
  • アニメーションやカルーセルなどもノーコードで作成できる
  • CMS機能があり、ブログなどデータベースが必要な機能もノーコードで作成できる
  • フォーム機能があり、問い合わせフォームもノーコードで作成できる
  • 日本のサービスで、すべて日本語で利用できる
すべてブラウザ上で動作する

STUDIOはクラウド型のWEBサービスです。

画面の操作はすべてブラウザ上で行い、データはすべてクラウドに保存されます。

インストールは不要で、ブラウザでどの端末からでも使用できます。

ノーコードでWEBサイトが作成できる

画面デザインはデザインエディタで行い、HTMLやCSSをまったく書かずにWEBサイトが作成できます。

有料プラン限定ですが、カスタムコード機能でCSSやJavaScriptを追加することもできます。

アニメーションやカルーセルなどもノーコードで作成できる

STUDIOにはカルーセルやメニューなどの部品が用意されています。

それらをページに配置して設定を変更することで、簡単にWEBページで使用できます。

CMS機能がありブログも作成できる

STUDIOにはCMS機能も用意されています。

CMSでサイトの更新情報のデータやブログの記事データを作成して、ブログなどのサイトも簡単に作成できます。

フォーム機能があり問い合わせフォームも作成できる

フォーム機能があり、入力フォームもノーコードで作成できます

Google Adsenseに必要と言われている問い合わせフォームもノーコードで作成できます。

すべて日本語で利用できる

STUDIOは、日本企業のサービスですべて日本語で利用できます。

公式ヘルプや公式コミュニティも日本語ですので、情報をさがしやすいです。

STUDIOの料金プランは4種類

STUDIOの料金は選択プランによる固定制で、次の4つのプランがあります。

  • 無料プラン 0
  • Starterプラン 月払い1,480円(年払い11,760円)
  • ビジネスプラン 月払い5,680円(年払い59,760円)
  • CMSプラン 月払い3,280円(年払い29,760円)

月額払いと年額払いがあり、年額払いは最初に一括で払う必要がありますが、12で割った金額が月額払いよりも約2割程度安くなっています。

無料プランは機能や使い方を試すためのプラン

CMS機能も使えるがバナーが表示されるので本番環境には向かない

STUDIOはアカウント登録すれば利用できて、無料プランでもサイトを公開できます。

無料プランでもCMSやフォームも使用できますが、以下の制限があり実運用には向きません。

  • 公開ページにSTUDIOのバナーが表示される
  • 独自ドメインを使用できない(https://________.studio.site)
Starterプランは低価格だけどCMSが使えない

小規模な静的サイト向けのプラン

CMSが使用できないので、ブログや情報を頻繁に更新するサイトには向かないですが、静的なWEBサイトならこのプランでも十分です。

外部サービスとの連携はStarterプランから行えるので、サイトに動的な効果を追加することもできます。

無料プランとの比較
CMSプラントの比較
  • STUDIOのバナーが表示されない
  • 独自ドメインでの運用が可能
  • Googleタグマネージャーと連携可
  • CMS機能が使用できない
  • PV数やフォーム件数の制限が厳しい

無料プランで使用できるCMS機能がStarterプランでは使用できないので注意が必要です。

CMSプランはデータベースを利用するようなサイトも作成できる

CMSプランはCMS機能を用いて、ブログや最新情報などデータベースを利用して行うようなデータ管理を行うサイトも作成できます。

個人サイトで月間PV数が100,000以下であれば、このCMSプランで十分だと思います。

Businessプランは優先サポートがありPV数の多いサイトに対応

月間PV数が100,000PVを超える場合や、優先サポートが必要な場合はビジネスプランになります。

STUDIOのメリット

HTMLやCSSを書かなくてよい

ノーコードツールのSTUDIOでは、画面の表示内容はデザインエディタで作成して、HTMLやCSSのコードに一切触れずにWEBサイトを作成できます。

カスタムコード機能があり、HTMLやCSS、JavaScriptを追加して書くこともできます。

コードを書く必要はありませんが、HTMLやCSSの知識が無いと、STUDIOのエディタで何をどうすればよいか理解しにくいので作業に時間が掛かると思います。

システムやプラグインなどの更新が不要

WordPressの場合、WordPressやプラグインを頻繁に更新する必要があります。

また、レンタルサーバーやVPSだと、ApacheやPHPに重大な脆弱性が見つかった場合、対応作業が必要になることがあります。

STUDIOではサーバー環境に触れることが無く、サービス任せで何もする必要がありません。

SSL化や証明書の更新が不要

STUDIOでは何も設定しなくても公開ボタンを押すだけでhttps://~のURLでサイトが公開できます。

SSL証明書の更新も、STUDIOまかせで気にする必要がありません。

STUDIOのイマイチなところ

独自ドメインは別のサービスで購入する必要がある

STUDIOはドメインの販売は行っていませんので、お名前.comなど別のサービスで独自ドメインを購入して、STUDIOのサイトと紐付ける必要があります。

他のレンタルサーバーやVPSサービスの独自ドメインもセットのプランと比べて手間が掛かります。

できない表現がそれなりにある

STUDIOのデザインエディタはさまざまな表現を作成できますが、できない表現もそれなりにあります。

カスタムコード機能でコードを追加することで、かなりの表現ができますが、レスポンシブ対応や複雑なアニメーションなどでできない表現もそれなりにあります。

デザインツールの操作にクセがある

表示されるWEBサイトの画面そのままを直感的な操作で編集できるSTUDIOのデザインエディタですが、以下のような操作は行いづらいです。

  • デザインエディタでは画面上に重ねたり、並べたりして表示するため後ろの要素の内容が編集しにくい。
  • コードは確認できないので、編集や見直し時に該当箇所を都度マウスで選択する必要がある。

バージョン管理機能に制約が多い

STUDIOにもバージョン履歴機能が付きましたが、デザインデータだけしか復元できないなど制限が多いです。

STUDIOのバージョン履歴機能については以下の記事で説明しています。

STUDIOが向いているケース

サーバーを管理したくない

サーバーの管理が不要で管理画面も無いため、サーバーに付いて気にすることなくWEBサイトの制作に集中することができます。

キャンペーンサイトなど短期間用のサイト

デザインエディタで短時間でWEBページを作成できることから、運用期間が短期間で更新の必要があまりないキャンペーンサイトなどを短時間で作りたいケースには向いています。

STUDIOが向いていないケース

多数の記事を掲載するブログサイト

STUDIOのCMS機能でもブログサイトを作成できますが、デザインにそこまで凝らず、シンプルなブログサイトであればWordPressで作成した方が簡単で拡張性も高いです。

また、ページネーションの機能が無くて、下に延々と表示していく形になるため、多くの記事を公開するサイトには向いていないです。

アフィリエイトサイト

STUDIOでも、A8.netのようにリンクを埋め込むタイプのアフィリエイトやAmazonアフィリエイトは利用できます。

Google Adsenseは、STUDIOのサーバーに対する制限のために利用できないようです。

また、アフィリエイトを管理する機能などはないので、広告リンクを管理するプラグインが多数あるWordPressの方が、アフィリエイト目的のWEBサイトには向いていると思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次